MENU

多汗症は病院の何科?薬は?

多汗症は病院で治した方が良いです

 

汗が多量に出てしまう多汗症に日々の生活で困ってしまっている方は少なくありません。
多汗症で病院の診察を受ける場合、何科が適切であるかといわれると、基本的には皮膚科となります。

 

特に最近では、多汗症を専門とする外来があります。
多汗症の心配がある場合は、そちらの受診をお勧めします。

多汗症は、まず皮膚科を受診しましょう

  • 糖尿病
  • パセドウ病やパーキンソン病
  • 妊娠

これらが原因で、多汗症が隠れている場合があります。

 

その場合も、まずは皮膚科から受診しましょう。
原因の発見を行い、何科にかかればいいのか指導してもらえます。
それにより、治療をスムーズに進めることができます。

多汗症の治療の進め方

多汗症は病院で治した方が良いです

治療では薬が処方されますが、内服薬・外用薬と様々あります。

 

精神安定剤の処方

例えば、少し緊張しただけでびっしょりと汗をかいてしまい、日常生活に支障が出てしまうような場合、精神安定剤が処方されます。

 

制汗作用のある外用薬

汗を直接抑えるためには、制汗作用のある外用薬が使用されます。

 

塩化アルミニウム水溶液の外用薬の処方

皮膚の健康に異常がない場合、塩化アルミニウム水溶液の外用薬が処方されます。
塩化アルミニウムには汗が出てくる汗管の細胞に直接働きかけることで、汗管を閉じる作用を持っています。
それにより、汗の量を抑えるという仕組みになっています。

 

この塩化アルミニウム外用療法は非常に効果的であると言われております。
しかし効果は一過性のものであるため、継続して治療を行う必要があります。

 

また、皮膚に刺激性を持つことが副作用として知られています。
医師の指導のもと治療を行う必要があります。

 

内服薬の抗コリン剤の処方

これらのほかには、内服薬の抗コリン剤を使用し、副交感神経を遮断することで、発汗を抑える治療法があります。
ただし、薬の種類や症状、体質などにより効果に個人差が現れます。
口の渇きや眠気、排尿障害などの副作用が認められる恐れがあります。

多汗症は精神疾患併発のリスクも!

多汗症は汗が多いという症状のほかにも、精神的苦痛などのストレスが伴います。
二次障害としてうつ病などの精神疾患を併発するリスクが高くなります。

 

その場合、自律神経失調症向けの薬や副交感神経遮断作用を持つ抗不安剤が処方されることになります。

 

多汗症

>>多汗症を防ぐアイテムはコチラが参考になります!<<

【多汗症は病院の何科?薬は?】記事一覧

多汗症,漢方,種類

特に暑いわけでもなく汗をかくのが、多汗症です。原因はすべて解明されたわけではありませんが、次のようなものが考えられます。ストレスまず、ストレスがあげられます。強いストレスにさらされると、交感神経が活発になって、汗を大量にかきます。緊張すると、汗をかくのはこのためです。ホルモンバランスの異常次に、ホルモンバランスの異常です。ホルモンを調整するのは、視床下部ですが、ここが乱れると、ホルモンと同時に交感...

多汗症,改善,ツボ

多汗症は様々な部位に出る事が見られる症状です。緊張によって手汗を大量にかいてしまったり、本人にとっては真剣に悩んでしまいます。多汗症の症状とは顔面多汗症腋窩多汗症足蹠多汗症手掌多汗症人によって部位は分けられますが上記の4つに分けられます。多汗症を治すには?多汗症を治す為のクリニックや病院が数多くあります。勿論その人にあった症状の改善法があります。しかし、投薬治療などを受ける必要があったりして時間と...

多汗症,改善,食べ物

普通の汗かきとは違って、多汗症は生活に支障が出てしまいます。日本人の約7人に1人の割合の人が悩んでいると言われています。多汗症の原因は様々です多汗症の原因は大きく2つに分けられます。体質的なものと、精神的なものです。精神的な原因の場合は、生活習慣や食事を見直すことで改善できます。自律神経からくるストレスに起因するものホルモンのバランスに関するものこれらは食事を改善することで、ある程度の効果が見込め...

多汗症,治療,心療内科

日本人の中では、1%~2%の人が多汗症に悩んでいると言われています。意外と少ないと思われがちですが、実際に治療に訪れる人はごくわずかです。実際にはもっと多くの人が多汗症の症状で悩んでいます。多汗症の症状について顔や手、足などを中心に、通常よりも汗が多く出るのが特徴です。原因がはっきり特定できないものもあり、制汗対策か手術をする方法しかないと思っている方もいます。精神的なものが原因で多汗症となってい...

多汗症,脱毛,ワキ

多汗症の方は季節に関係なく汗が出るので年中お悩みで気の毒です。もちろんワキガの悩みも同時に持たれている方が多いです。デオドラントスプレーやワキパットなどワキガ対策グッズはインターネットをはじめドラッグストアなどにも多く売られています。しかし、これらはあくまでも対策であり根本的な治療ではありません。軽症なら夏の汗をかく季節だけこれらでしのげますが、重症ならそうはいきません。そこで、脱毛サロンで永久脱...