多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

緊張すると汗が止まらなくなることがありますが、通常は一時的なことがほとんどです。
多汗症の場合は、日常生活の中で常に発汗しながら皮膚表面に多量の汗をかく症状です。

 

一口に多汗症と言っても、病気が原因で起きる続発性多汗症と、体質的に起きる原発性多汗症があります。
そして、汗を局部的にかく限局性多汗症と全身に汗をかく全身多汗症とがあり、その症状は多岐に渡っています。

 

多汗症により、社会生活を営む上で辛いことや相手に不快感を与えることがあり、その症状の度合によっては、病院での治療をすることが望ましいとされています。
どこの病院を受診するかの判断も、多汗症の症状により変わってきます。
多汗症で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

「多汗症かもしれない」と病院を受診する判断の目安

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

自分が汗をかいていて不快に感じたら病院を受診しましょう。
美容目的でなく病気と判断された場合は、症状により保険が適用されます。

 

多汗症には症状に合わせた適切な治療方法があるので、まず自分がどの多汗症に該当するのか知ることが大切になってきます。

多汗症の病気の種類はたくさんある
「全身性多汗症」

重労働、運動、気温の変動などにより全身に多量の汗をかく症状。
生まれつきの体質の場合(原因は不明)と病気などが原因で発症する場合があります。

 

病気の場合は、自律神経障害(交換神経と副交感神経が正常に働かない)が主な原因と判断され、一時的に起きるケースと慢性化しているケースがあります。

「局所性多汗症」

全身多汗症と同様に原因不明なタイプと病気が原因のタイプに分かれています。
局所性多汗症は汗腺が集中している手の平、脇、顔面などに起こります。

「腋窩多汗症」

極度な緊張などの精神的な要因と運動などの外的要因がありますが、脇の下に多量の汗をかきます。
衣類に汗しみができたり、クーラーが完備されている所では温度差により風邪をひいてしまうこともあります。

「手掌(しゅしょう)多汗症」

就寝中は大脳皮質の活動が低下しているため発汗しませんが、起きている間はリラックスと緊張状態に関係なく大量の汗をかきます。

「顔面多汗症」

極度の精神的緊張と熱い食事を摂るなど外的要因がきっかけで顔面に大量の汗をかきます。

病気が原因でない場合の多汗症の治療法

病気でない場合は、精神面と多汗とに分けて治療を行っていきます。

塩化アルミニウム溶液を塗布

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

病院で処方されることもありますが、市販されている塩化アルミニウムベンザルコニウム液を薄めて患部に塗布することで徐々に発汗を抑制する効果がありあます。
殺菌効果があるので、ワキガ対策にも有効です。

 

脇や頭部、顔面の多汗に効果がありますが、肌が弱いとかさつきが起きることがあります。
塩化アルミニウムベンザルコニウム液は、100mlで2,000円程度で購入できるのでホームケアとしてはおすすめです。

市販品でケア

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

他にも自分でできるケアがあります。
塩化アルミニウムが配合されたロールオン、スティックタイプを使用することです。。
佐藤製薬のテノール液、日邦薬品工業のオドレミンなどは通販サイトでも販売されており制汗効果があります。

 

値段も1.000円程度からあります。
一般的に多汗症のホームケアは外用薬で対処するしか方法がありません。

内服薬

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

精神的な要因が原因で多汗の場合はプロバンサインなどの内服薬を服用します。
精神的な汗は自律神経が乱れることで起きることが原因と判断されています。

 

頭部や顔の多汗症を鎮静させる目的で処方されます。
ただ、効果には個人差があり必ずしも効果があるとは言えない部分があります。

ボツリヌス注射を使う

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

ボツリヌス毒素を患部に注入して交感神経の発汗機能を司るアセチルコリンを抑制します。
注射はかなり痛みがあります。

 

永続的な効果はなく、効果は半年から1年程度でなくなります。
手の平、脇の多汗に有効と判断されていますですが、自費診療になると1本3万円程度かかります。
症状が重い場合は保険が適用されることもあります。
副作用として一時的に筋力低下が起きることがあります。

ETS手術

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

内視鏡を用いて胸部交感神経を塞ぐ方法が行われています。
全身麻酔で手術しますが、日帰りで帰ることが可能です。

 

ただし、発汗の量を全て調整できるわけではなく、手の平が乾燥してしまったり、汗を抑えることができた箇所以外の汗がひどくなったりと、デメリットもあります。
こちらは最終手段と判断された場合、医師から話をされることが多い治療法です。

レーザー治療

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

自費診療となり費用が30万円前後とかなり高額です。
汗腺にレーザーをあてて破壊し、汗を抑えます。
脇のみの治療方法です。

 

まだ、新しく導入されたばかりの治療法です。
どれだけ効果があるのかしっかりと判断できるデータが日本ではありません。

多汗症に潜む病気にはどのような兆候があるのか

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

糖尿病の持病があるか

自律神経がうまく作用しなることから、大量の汗をかくようになりますが、汗が臭いことが特徴です。
糖尿病を発病するとケトン体という臭いの物質が増加することが原因です。
汗を局部的にかくことや、まったく発汗しないこともあります。

発汗以外に手の震えや発熱や動機がないか 

甲状腺疾患にかかることで甲状腺が正常に働かなくなり、新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰分泌して多汗症になります。
多汗症以外の症状は、発熱や手の震えイライラ感や動機などです。

微熱を伴わないか

微熱があり関節痛、倦怠感や咳、くしゃみなどの症状があり大量に汗をかく場合は、感染症にかかっている可能性があります。

脳卒中の後遺症がないか

過去に脳卒中を発症して後遺症が残り、発汗調整機能に障害があると汗の調整が上手くいかないために、多量の汗をかくことがあります。

肥満傾向にある高齢者の方ではないか

皮下脂肪が多く体温が上昇しやすいため多量の汗をかくことがありますが、心機能に負担がかかっていると、あまり動くことができないので逆に汗腺が退化していることで汗をかきやすいことがあります。

病気ではないが多汗症と判断される症状

肥満

皮下脂肪が多いことで体の外に放熱することができず体温が上昇しやすいため、体温調節作用が働き大量の汗をかいてしまいます。
肥満の原因が運動不足の場合は、手足や下半身の汗腺が退化してしまうことで、身体の一部のみに大量の汗をかいたり、汗をコントロールする自律神経がアンバランスになることで汗を異常にかきやすくなります。

精神的な要因

極度の緊張から汗が止まらなくなることがあります。
これは交換神経が作用することが原因ですが、汗は頭部、手の平、脇などが多いです。
性格的に緊張しやすい人は頻繁に体験しているかもしれません。

医薬品や漢方の服用

経皮や麻黄などの解熱作用がある解熱剤を服用することで大量に発汗することがあります。
成分表を参考にするといいでしょう。

妊娠

妊娠中は脂肪が増えるため汗をかきやすくなります。
また、ホルモンバランスが変わり黄体ホルモンのプロゲステロンが優勢になるため発汗が盛んになります。

ご自分の症状が病気であるか判断に迷うなら病院を受診しましょう

多汗症を病気か判断するには病院を受診しよう

多汗症は症状が進行すると周囲が気づくレベルになります。

  • 手汗がひどく相手と握手ができない
  • 書類が濡れてしまう
  • 電気製品が壊れてしまう

このような症状であると、日常生活にも支障が出てきます。

 

大切なことは我慢をせずに、まずは病院を受診して医師に相談することです。
病気が原因で多汗症の場合もあるので、自分で判断せずに多汗症の原因を明確にしてその症状に見合った治療を受けることをおすすめします。

 

治療方法もいろいろあり、自費診療で受けるものや保険が適用されるものまで準備されています。
美容目的でなければ保険が適用されることが多いので、費用が高額だから治療ができないということもありません。
治療をして症状が改善されることで、日常生活でも悩むことが少なくなることが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

 

>>多汗症でもう悩まない!おすすめアイテム一覧はこちらから<<

【多汗症で悩んでいる方の声まとめ】記事一覧

多汗症にはさまざまは症例があります。常に多汗症で悩んでいる人や、ある一定の条件が揃うことで発症する人、年齢も性別もいろいろです。共通していることは、みなさん多汗症で悩んでいることです。特に仕事をしている多汗症で辛いことを経験する人もいるでしょう。ここでは、多汗症だと仕事をするときにどんなストレスを感じるのかケース別に紹介しています。顔と頭から汗が吹き出して止まらない子供の頃から頭部の多汗症に悩んで...

幼少期にワキガがわかっても病院ではワキガの手術は行いません。それは成長期だからです。多汗症は汗を止めようと思うと余計に出てくることが多く、それで本人がとても焦ってしまう負のスパイラルに陥ることがあります。多汗症はただ汗をかくだけでなく、汗をかくことで雑菌が繁殖して臭いが発生します。特別な病気ではなく本人も気にしていないこともありますが、周囲の反応によっては非常に傷付くこともあります。それがいじめに...